核兵器廃絶へ逆行する日本政府

今日も新聞赤旗を手にとってそれで読みたいと思いますか。京都新聞赤旗から見えてくるものは、日本だけが日本の政府だけが核兵器廃絶への道のりを逆押しているということです。それから核保有国となぜか日本だけが 、核兵器廃絶への道を逆行しています。唯一の核被爆国だった日本がこんな体たらくと言うか、本当にどれだけアメリカに追随しているゲームをしていることかと思うと、4本当に情けなくまた腹立たしくを持ってきます。 1954年にアメリカはマーシャル諸島ビキニ環礁で、核実験を6回も強行しました 。アメリカは1954年に核実験をした、その威力は広島型原爆の3000倍だと言われています。本当に地球的規模で放射の汚染させた滞在ということです。広島に原爆が投下された時一瞬で17万人もの人は一瞬で亡くなりました。それなのにその3000倍ということでどれだけの威力であることが、どれだけの恐ろしい本当に最終兵器であることかと思わせます。
あれからどんどん核兵器が研究されてきて、もっともっと威力のある核兵器が今何と日 、アメリカとロシアだけでもとんでもない数に登っています。
自動車保険見積り評判.net